【仮面ライダーゼロワン】オープニングからわかる、今後の伏線について

仮面ライダーゼロワンの第3話が放送されました。

そして、第3話にして初めてオープニング映像が放送されました。

OP映像からいろいろな情報が分かります。

今後出てくるであろうライダーや、意味深なキャラクターの表情など、そこから今後の伏線がわかりましたので、お伝えしていこうと思います。

今後でてくる仮面ライダーの数

第一話で仮面ライダーゼロワン、第二話で仮面ライダーバルカンが出てきました。

そして第3話では仮面ライダーバルキリーが出てきました。

その他にも、フォームチェンジはあるにせよ、明らかに違う仮面ライダーが二体いました。

この二体は、流出している情報によると、一つは仮面ライダー滅、もう一つは仮面ライダー迅のようです。

仮面ライダー、特に平成以降は、序盤にボスっぽく出てくるやつらは、ラスボスにはならず、序盤で倒されるか、仲間になるケースが多いので、もしかしたら、今後仲間になるかもです。

OPのラストは5体が一緒にいますしね。

イズの涙

OPの終盤で、イズらしき人物が涙を流していました。

ヒューマノイド=ロボットが涙を流すのは不思議です。

ここは終盤にかけての伏線になりそうです。

第一話から、ヒューマノイドは心がないような描写がされており、特に第3話はロボには心がないということもセリフでありました。

実はこれかミスリードで、ヒューマノイドだろうが心があり、これがアルトの父子のつながりに生きてくるのかもしれません。

REAL×EYES

仮面ライダーゼロワンのOP曲の題名はREAL×EYES(リアライズ)です。

リアルとアイズをかけていますが、続けて読んでリアライズとはどんな意味なのでしょうか。

リアライズをrealizeと仮定すると、意味的には理解するとか悟るとか実行するという意味になります。

第3話までを見る限り、アルトはなぜ父や祖父がなくなったのか、なぜ仮面ライダーになれたのか、社長に指名されたのかわかっていないようです。

仮面ライダーゼロワンの裏テーマとして、時bぬんの運命を理解し、新たな指名を実行していくという意味があるのかもしれません。

まとめ

仮面ライダーゼロワン第3話にて、初めてOP(オープニング)曲が流れ映像も放送されました。

この映像からライダーは少なくとも5体出ること、OP曲名の意味が暗示されているようです。

今後より色々な情報が出てくると思うので、とても楽しみです。

過去作から最新作まで、仮面ライダー作品を見るならU-NEXTで!

U-NEXTでは、過去の各仮面ライダーのTV版を見ることができます。(一部見れない作品もあります。)
また、劇場版だけでなく、Vシネマ作品も見ることができて、仮面ライダーファンにはお勧めです!

その他にも、人気ドラマ・映画・アニメ・そして電子書籍も見放題なので、お得かと思います。

無料体験もできますので、ぜひどうぞ!

仮面ライダーゼロワン
最新情報をチェックしよう!