ゼロワン第5話までのふりかえり!見えてくる裏テーマについて

仮面ライダーゼロワンが第5話まで放送されました。

平成ライダーから、一年クールでだいたい50話で完結するので、例年通りで行くと1/10がすぎました。

まだ序盤ではありますが、色々なキーワードが出てきたのに加え、ゼロワンのテーマも見えてきました。

表のテーマだけでなく裏のテーマも見えてきた気がします。

そこで今回はそれらを一度まとめてみたいと思います。

ゼロワンのストーリーを振り返ってみる

売れない芸人だったアルトが、社長であった祖父の死去により、飛電インテリジェンスの社長になり、仮面ライダーゼロワンに変身して、自社製のヒューマノイドの暴走を止めることとなりました。

第5話までにいろいろなキーワードが出てきたので一度まとめたいと思います。

祖父と父

祖父は飛電インテリジェンス 前社長の飛電是之助、父はヒューマノイドの飛電其雄です。

祖父の死因は謎ですが、父はデイブレイクで破壊されたと思われます。

アルトは父の笑顔が見たいが為に芸人になり、人々を笑わせることになります。

デイブレイク

デイブレイクは街一つ破壊してしまった、爆発事故で、当初はヒューマノイド工場の整備責任者の不手際が原因とされてましたが、4話にてヒューマノイドの暴走が原因、そして黒幕に滅亡迅雷.netが絡んでいることがわかりました。

また、アルトの父だけでなく、不破 諫の父の死去にも関係していそうな事件です。

滅亡迅雷.net

滅亡迅雷.netはヒューマノイドを暴走させている集団です。

いまのところ、迅と滅の二人が出てきています。

まだまだ謎が多いですが、滅は仮面ライダーに変身できることがわかっています。

迅もオープニング 映像から、仮面ライダーに変身できそうです。

ゼロワンの表テーマは何?

ゼロワンの表のテーマを考えていきたいと思います。

仮面ライダーゼロワンのキャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」です。

「令和仮面ライダー元年」は置いておいて、「社長」という言葉をキャッチコピーに入れてくるあたり、重要なキーワードになってくると思います。

第5話までの流れを見るとヒューマノイドの開発会社の社長として、ヒューマノイドの暴走を止め、滅亡迅雷.netを壊滅させることが表のテーマかと思われます。

また、父親や祖父との関係など、三世代にわたる想いの継承もテーマにあるでしょう。

裏のテーマは?

裏にあるテーマは、AIにも心があるということではないでしょうか。

第5話までには、アルトは機械に対して心がありますが、ヒューマノイドを物として扱う描写がすごく出てきます。

イズは、熱意を理解しようとする描写もあります。

AIがこれからどんどん使われていく世の中で、機械だからといって、ぞんざいな扱いをしないように、その教訓を入れてくるのではないでしょうか。

まとめ

第5話までに今後重要になりそうな描写がいろいろ出てきています。

ヒューマノイドの暴走を止めるという表テーマとともに、機械にも心があるという裏テーマの両方を今後深掘りしていくと思います。

まだまだ話は1/10程度なので、展開が変わっていくことを期待します。

 

過去作から最新作まで、仮面ライダー作品を見るならU-NEXTで!

U-NEXTでは、過去の各仮面ライダーのTV版を見ることができます。(一部見れない作品もあります。)
また、劇場版だけでなく、Vシネマ作品も見ることができて、仮面ライダーファンにはお勧めです!

その他にも、人気ドラマ・映画・アニメ・そして電子書籍も見放題なので、お得かと思います。

無料体験もできますので、ぜひどうぞ!

仮面ライダーゼロワン
最新情報をチェックしよう!