飛電其雄(山本耕史)が映画に登場!仮面ライダーにも変身するなんて!

みなさんこんにちは。

仮面ライダー考察ブロガーshoです。

今回も仮面ライダーについて考えていこうと思います。

2019年冬の劇場版仮面ライダーについての情報が、徐々に解禁されてきました。

その中で、まずサプライズがあったのは、アルトの父、其雄が映画に出て、仮面ライダーにも変身するということです。

演じるのも、テレビ版と同じ山本耕史さんです。

今回はその情報についてまとめたいと思います。

映画の情報について

2019年冬の劇場版仮面ライダーは令和ライダーとしてはじめての映画となります。

正式タイトルは「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」です。

メインライダーはゼロワンとジオウです。

その他にも、ゲイツやバルカンなど、様々なライダーが出てきます。

仮面ライダー1型

登場する中で、キーマンとなるライダーが2体います。

仮面ライダー001と仮面ライダー1型です。

そのうちの仮面ライダー1型が、山本耕史演じる飛電其雄が変身すると予告編から明らかになりました。

予告編でしか、まだ情報がありませんが、ゼロワンのプロトタイプということが考えられます。

1型と呼ばれるあたり、今後2型、3型と出てくるかもしれません。

そしたら、バルカンとかバルキリーのプロトタイプでしょうか。

追加情報も気になります。

仮面ライダーになる条件はあるか

また別記事で詳しく書いていきたいですが、仮面ライダーに変身できる条件がありそうです。

それはヒューマギアということです。

現在出てきてる仮面ライダーのうち、3/6はヒューマギアが変身してます。

また、ゼツメライズキーを使って暴走するのもヒューマギアです。

このことからも、ヒューマギア・プログライズキー・仮面ライダーが関係してきそうです。

そうすると、飛電其雄がプロトタイプに変身するのも納得できます。

つまり、仮面ライダー開発に協力していたということです。

冬の劇場版は、例年通り、本編にも絡む話になりそうです。

まとめ

2019年冬の仮面ライダーの映画では、飛電其雄が仮面ライダー1型に変身します。

名前や見た目から、ゼロワンのプロトタイプとなりそうです。

本編にも絡むストーリーになりそうですので、とても重要な映画になりそうです。

公開前に、まだまだいろいろな情報が解禁されると思いますので、解禁されたらまたまとめたいと思います。

過去作から最新作まで、仮面ライダー作品を見るならU-NEXTで!

U-NEXTでは、過去の各仮面ライダーのTV版を見ることができます。(一部見れない作品もあります。)
また、劇場版だけでなく、Vシネマ作品も見ることができて、仮面ライダーファンにはお勧めです!

その他にも、人気ドラマ・映画・アニメ・そして電子書籍も見放題なので、お得かと思います。

無料体験もできますので、ぜひどうぞ!

仮面ライダーゼロワン
最新情報をチェックしよう!